認可外保育施設の利用について

[概要]

認可外保育施設とは、公的助成の有無や事業規模などにかかわらず、児童福祉法、もしくは認定こども園法に基づく認可を受けていない、お子さんを預かる施設・サービスの総称です。
具体的には、【自治体独自の認証保育室】、企業主導型保育、ベビーホテル、ベビーシッター、事業所内や院内の託児室、その他、認可外保育施設として都道府県等に届出を行ったものを指します。

保育の内容や料金設定などは施設によりさまざまです。これらの施設を利用する際は、保護者自身の目で直接確認し、充分な説明を受け、納得したうえで選ぶことが大切です。

最適な保育施設を選ぶためのポイントについてはこちら(全国版子育てタウンサイト) ベビーシッターを利用するときのポイントについてはこちら(全国版子育てタウンサイト)

[対象者]

施設により異なります。

[申し込みできる人]

対象となるお子さんの保護者

[利用料(費用)]

施設により異なります。

<利用料の助成について>
保育が必要な理由に該当し、認可保育園や認定こども園(保育枠)、地域型保育などが利用できていない場合は、認可外保育施設等の利用料について、「幼児教育・保育の無償化」による助成を受けることができます。
詳しくは、下記のリンク先ページをご覧ください。

認可外保育施設の無償化についてはこちら 企業主導型保育の無償化についてはこちら

[申し込み期限]

利用する施設から指定された期限まで

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく